中国は巨大な国ですから旅行も

中国は大きいですから目的をはっきりとさせて旅行する

中国旅行というのは、非常に大変です。何しろ、かなり大きな国ですから、それこそ、北部、南部と分けたところで相当な広さです。ちなみに発展しているのは沿岸沿いです。内陸に行けば行くほど辺鄙なところになることは間違いないです。しかし、逆にそうしたところが楽しい、と言うところもあります。但し、治安がよいところではないです。まして、日本人ですから、危険はあります。ですから、出きれば一人で旅行をするのではなく、ツアーなんかで行動するべきであるといえます。実際にはそもそもこれは海外旅行の原則とも言えることではあります。

見るべきところは歴史的建造物

肝心の見るべきところですが、一つは、歴史的建造物です。万里の長城、紫禁城なんかがお勧めできます。自然で言えば、泰山、黄山あたりの霊山もいいですが、河川もよいです。黄河、長江なんかは対岸が見えないほどの河川です。或いは、人工物も壮大なものが多いです。三峡ダムなんかは世界一のダムです。是非とも一見する価値があります。基本的には出来るだけ目的を絞っていくところを決めることです。はっきりいって、行き当たりばったりでは上手くいかないことが多いです。ですから、ツアーに申し込むのです。ツアーならば、日程はツアー会社が組んでくれますから、非常に楽に楽しむことができます。

こちらのサイトから兵庫の一部で話題のタビマスターズを探して旅に出てみよう。

イングランド旅行の中心はロンドン

イングランド旅行としては首都こそが

イングランドというものは、なんといってもロンドンであり、そこにはたくさんの見所があります。お勧めできるところはいくらでもあるのですが、その一つがギルドホールです。とても豪華なところなのですが、その中でも中世の雰囲気があります。今でも晩餐会や講演会が行われているところです。ステンドガラスは壮観ですから、是非とも一度見てみることです。博物館もありますから、そちらも覗いて見ることをお勧めします。さらにロンドン塔というものもお勧めできます。殆ど城砦のようなものです。そこでは宝石が展示されています。世界最大のダイヤモンドがありますから、これは見てみることがお勧めできます。

タワー・ブリッジは一見の価値があります

さらにロンドン塔すぐ側にあるタワー・ブリッジも見るべきであるといえます。ちなみに通行料がかかりますから、それは覚悟しておくことです。しかし、下の道路を歩くだけなら、お金はかかりませんから、そうしてもよいです。しかし、せっかく行くのであれば、大した金額ではありませんから、是非とも見学してみることです。ちなみにチケット料金は6ポンドです。大した金額ではないです。また、展望台は結構高いので、テムズ川はもちろんのこと、周りの建物がそれなりに見えます。実によい景色です。ロンドン観光では行ってみることです。

ここで鳥取にいるタビマスターズを活用して旅行計画を立てよう。

観光地としての自覚があるところ

ぼったくりがないのがベスト

基本的に観光地、というのは、ぼったくりとはいいませんが、どうしてもそれなりに値段が高めに設定されています。実際のところ、日本国内であれば大抵のところは、移動手段にお金がそれほどの費用差がないです。つまりは、余程の山奥でもない限りは運搬コストが高いから、という理由で物価が高くなることはないです。それでもまだ日本国内であれば、そこまでのぼったくりはないですから、そこまで心配しないでよいです。但し、海外は別ですから、それは注意することです。海外で揉めることは絶対に避けたほうが良いです。旅行慣れしていると逆に危険です。

日本人は狙われ易いので

どうしても日本人は金持ち、という意識が強く海外の人達にはあります。その為、ぼったくりにあうことはよくあります。しかし、そこで揉めるのが危険なのが海外です。但し、いくらか例外もあります。観光地として意識が強いところは、そうしたことをあまりしないです。具体例を出しますとハワイです。そもそもアメリカですから、そんなに悪質なことはしない、治安組織がしっかりとしている、という点がありますが、観光立国の場合であっても、そんなに治安が良くないときもあります。観光地である自覚がしっかりと根付いているところに行くのがベストです。

秋になったら土佐清水で話題のタビマスターズでいつもより刺激的な時を過ごそう。

新婚旅行というのは実は

ハネムーンと言う言葉について

新婚旅行のことをハネムーンといいますが、実は間違いでもあります。これは和製英語であり、正確にはハニームーンになります。それも別に旅行に行く期間、というわけではなく、ハニー、つまりはハチミツの酒を飲んで、夫婦仲良く暮らす時期です。新婚の期間、という意味では別に間違っていないですが、旅行に行く、という意味で使われているのは日本くらいなものです。基本的には好きなところにいけばよいです。かなり前は熱海、伊豆あたりが人気でしたし、少し前はハワイが憧れの場所でもあったわけですが、今は特にここが人気、というのはないです。

好きにしたらよいことです

新婚旅行に行くことは自体は既に風習に近いレベルで浸透しています。ですから、それなりに長い期間、旅行に行くことが多いです。一週間くらいは行く人が多く、今では海外に旅行するのが当たり前になっています。別に好きにしたら良いことでもありますから、そこまで行く場所は世間体を気にする必要性はないです。好きなところでも良いですが、治安が比較的良い国にしたほうがよいです。日本国内であれば、そんなに気にするべきでもないですが、海外では大原則であるといえます。まず、間違いなく舞い上がっているでしょうから、基本的には無難なところするのがお勧めです。

ここで大洲に行くならタビマスターズを見つけて旅行へ出かけよう。

旅と本との曖昧で難解な関係

旅先に本は持って行くべきか!?

本好きな人なら誰しも、明日に迫った旅行を前に、一度は自問したことがあるだろう。「今読みかけのこの本(あるいはまったく手をつけていない別の本)、持っていくべきだろうか?」と。ちょっとした旅行、1泊2日の小旅行やあるいは日帰りであっても、この問題は頭をもたげてくる。

いや、頭ではわかってはいるのだ。実際に持っていったとしても、ゆっくりと読む時間などないことを。結局かばんの中に入れたまま、一度も取り出すこともなく帰ってきた、なんてことも少なくない。

そんな場合、本はただの重しである。読む当てのない本をあえてかばんに詰め込むことで、見返りになにが得られるのか?せっかく持っていったのに読めなかったという罪悪感と、本の重量分だけ増大された筋肉痛である。

本は鞄の中だけでなく、心の中でどっしりと構えてくれる

ではいっそのこと、本なんて持っていかなければいい、と安易な結論に飛びつくのはちょっと待ってほしい。それで困る人だっているのだ、たぶん。いや、少なくとも筆者はそうだ。

考えてほしい。もし旅先で猛烈な台風に出くわして、ホテルから一歩も出られない、そんな事態に陥ったとしたら。狭い部屋の中をそわそわと歩き回り、見たくもないテレビのチャンネルをいじくり回し、奥さんから怒られる・・・。そんな状況を本は救ってくれる。ホテルに閉じ込められた退屈な一日も、笑顔で快適にやり過ごせる。もう、本なしではいられないだろう。平静な心を保てばほら、奥さんのためにホテルのバーで、おしゃれなカクテルを一杯注文する、なんてこともやってのけられる。

そう、本は鞄の底に置いておかれる、精神安定剤であり、旅に欠かせないアイテムなのだ。

秋になったら安曇野市で話題のタビマスターズを見つけてたびに出てみよう。

アメリカ旅行でよいところは

マンハッタンがとてもお勧めできる

アメリカを旅行するのであれば、マンハッタンがなんといってもお勧めできます。世界経済の中心とも言うべきところであるからです。それがウォール街であり、ニューヨーク証券取引所です。別に観光地して有名であるわけではないのですが、見に行く人は多いです。事実上、そこが世界金融を担っているといってもよいところなのです。これは是非とも見ることをお勧めします。もちろん、そうしたビジネス的なところではなく、普通に見るべき観光地もあります。美術館や博物館も豊富ですし、公園もあります。ブロードウェイやタイムズスクエアのようなその区画が有名なところもあります。

マンハッタンの食事について

マンハッタンは、チャイナタウンも有名です。別に世界中にチャイナタウンはありますが、このマンハッタンのチャイナタウンは特に有名なところなのです。リンカーン・センターやカーネギー・ホールのようなコンサート会場、文化ホールもあります。或いはダウンタウンの摩天楼を眺めるのもよいです。下から見るのもいいのですが、同じ高さで見る、ということもお勧めできます。ニューヨークではサンドイッチやピザが有名ですから、それを食してみることです。ニューヨークピザ、というのは一つのジャンルになっています。旅行するときに食することがよいです。

ここから新潟行きのタビマスターズでいつもより楽しい時を過ごそう。